日々の出来事を書いていきます☆レミオロメン*ELLEGARDENめっちゃ好き!!な春菜がお送りします。


by wakana-ran-remi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
彗星のごとく現れ、2011年の音楽シーンを駆け上がった彼ら。
その締めくくりに世に送り出したのは、ただ真っ直ぐな至極のバラードだった。
常に前を、上を見て野心的に活動する彼ら。
だが、デビュー前から歌っていたというこの曲には、
そんな彼らにも「迷い」を感じていた時期があたことを感じさせる。

果たして本当に此処は
私が望んだ舞台か?
この問いこそ愚問かな?

また、曲の展開や印象的なリフで攻め立てない
王道のバラードは、歌モノとしての〔Champagne〕の魅力を
十二分に引き出している。
ライブで、畳み掛けるような激しいサウンドの後に
kの曲が流れ、オーディエンスが、その場に立ち尽くし
自分の境遇と歌詞を重ね思いをはせる姿が目に浮かぶ。

この曲は間違いなく、Champagneno新たな定番ソングになっていくだろう。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2012-01-13 09:31 | ディスクレビュー

BIGMAMA「#DIV/0!」

タイトルをみて「?」が浮かぶ人も多いだろう。
デヴァイテッドゼロと読むこのタイトル。どんな数字も0で割るとエラーになってしまう。
それは数字だけではない。
目の眩むような財宝や、希望。それらは享受する人がいて始めて意味をもつものだ。
金井が得意とする物語をつむぐような歌詞が描くのは、ひとつの財宝をめぐる人たちの物語。
欺きあい、奪い合い、仲間を出し抜いて
最後に残った者が選ぶのは「未来」ではなく「終わり」だった。

人間の奥底にある負の感情の連鎖を巧みに描き出す。
しかし、それは悲しいメロディにはならない。
それが彼らの最大の魅力。スピード感あふれるメロディに
物語がいきいきと動き出す。

ハッピーエンドにつながる歌が正解だなんて
誰が決めたのだろう。

金井政人がやさしい歌声でなげかける
鋭いメッセージを
BIGMAMAの重厚なサウンドにのせて。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-10-29 23:25 | ディスクレビュー
OVER ARM THROW 「Songs -what I sing when a war resounds this-」

アルバム1曲目「By Yourself」は、このアルバムの始まりを告げるにふさわしい楽曲だ。高鳴る気持ち、溢れる期待感が詰まっている。4年ぶりのニューアルバムということで、これを携えて、どんどん進んでいくんだという決意表明のようなアッパーチューンだ。
今回のアルバムでは、共に歩んできた仲間(≒ファン)への感謝が描かれている。5曲目「Across the fanfare」では"I'll fight again with many struggles and feelinges.Keep following me.I want my feelinges to reach you."(色々な葛藤や思いを糧にまた戦うよ しっかり着いて来てくれ 僕の思いを届かせたいから)と歌う彼ら。この曲のラストにはシンガロングもあり、まさに「皆で」完成させる曲になっている。
今回ノアルバムは、物語調な楽曲はそれほど多くない様に感じた。その分、聴く人一人一人に寄り添った、メッセージ性の強い歌が多く収録されている。

アルバムのリードチューンである「Dear my songs」。3.11の震災を通して、当たり前にあるもの、当たり前の生活がいとも簡単になくなることを知った私たち。それはOATのメンバーも例外でなかったのだろう。だからこそ、音楽を信じて、自分たちの楽曲を信じて、それをオーディエンスに届けることで、何かを変えられるという想いをこめてこの楽曲をつくったのかもしれない。私にはそのように思えた。

どの曲のサビも印象的なリフがあるOAT節は色あせず健在だった。
7か月にも及ぶリリースツアーが既にスタートしているが、
たくさんのファンとともに、これらの楽曲たちも成長していくのだろう。

4年ぶりというハードルをっ蹴っ飛ばした一枚だ。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-10-14 15:15 | ディスクレビュー
久々に行ってきました。どパンクなライブ!
会場のBIGCATに近づくと、ディッキーズにスケーターソックスな
パンクキッズが大集合している。
ライブ、すごいことになるやろなぁと、その時点でわくわく。

そして、いよいよ、スタート。
1番手はNorthern19
メンバーが登場して、ギターの音が鳴った瞬間
パーティが始まりました!
みんな、とんでもない笑顔でモッシュしたり、ダイブしたり。
ゆらゆらしながら音を楽しんだり。
Northernの3人の煽りに一切負けない、オーディエンス。
1バンド目からテンション振り切れて大暴れだった。

2番手EGG BRAIN
さーせんw
ゆっくり見てましたwww
ヘイスミとはCDデビュー前からの仲らしく
お互いのメンバーがサポートしあったりしてたらしいのね。
そんな仲間のファイナルに出られてほんと嬉しいと満面の笑みでゆうてはりました。
EGGのライブは、クソ激しいモッシュっていうより
ほどよく暴れるって感じで、ほんとピースフル。
見てるのすごく楽しい。

ラストはもちろんHEY SMITH
今回のツアーのロードムービーが流れ、ヘイスミの登場!
もう、会場のボルテージは最高潮!
1曲目が流れた瞬間に、どえらいモッシュ!
もう、みんなが後先考えずにしょっぱなから全力でした。
久しぶりに本気のスカダンスもしたし。しかし、歳を感じてしまったw
(でも、前で踊ってた人の腕が私のアゴにクリーンヒットしたのは秘密)

長い長いツアーやったけど、終りが近づいてみれば、早かったなぁと思うわ
ほんまにありがとうな~
関東とか九州とかで会った奴も今日はいっぱい来てくれてて
それがめっちゃうれしい!

みたいなことを言ってたな!
愛されてるんだよ、ヘイスミ!

最後に、みんなでコブシをあげて、ライブハウスは俺らとお前らの場所や!
って言ってくれて
なんだか、泣きそうになった。
ここだけは
ほんっと、ここだけは幸せな空間だなと。

楽しかったよ!
またバカ騒ぎしたい!
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-10-11 11:13 | ライブ☆

Mitole@BIG CAT

さっき、4月のライブのこと、いっぱい書いたのに
全部きえた。
やから、もういい!!!

先日行ってきましたライブ
【Mitole】
sawagi
Riddim Saunter
MONICA URANGLASS
rega

DJ DAWA

最高のイベントでした。
sawagiの在阪ラスト企画ってことで、そうそうたるメンツがそろったわけですけど。
私は、仕事で、2バンドめのMONICAから参戦!
自称“賛否両論バンド”ですが、私は完全に賛成ですw
いつみても、最高にたのしいし。
リーダーのわけわからんMCも好きやし。
また夏フェスで、仲間と一緒にみたいね。

久しぶりにみたrega。
実は音源持ってなくて。
でも、今日みて、なにがなんでも入手せねばと思いましたw
sawagiに負けないように、攻めのセットリストできましたという言葉通り、
1曲目から、どんだけ躍らすねん!ってくらいの。
regaって結構変拍子とかも多くて、ノリづらいような気もするけど。
それを完全にカバーしてしまうパフォーマンス力の高さって素晴らしいと思う。
魅せ方をしってるんだなぁと、そのステージングに圧巻。
ほんでまぁ。とにかく楽しそうに弾くんだな。
楽しい時間をありがとうでした。

ラストはお待ちかねsawagi!!!!!
わたし、サカナクション以外、レーザービームが似合うバンドなんてないと思ってたけど
ここにいました。
もしかすると、サカナ以上に似合うかもしれない!オフィシャルHPを思わせるような真っ暗闇に光るレーザービーム!
怪しく照らし出されるsawagiのメンバー!
そんで、キラーチューンの数々!
イントロをちょっと弾いただけで、盛り上がるフロア!
インストだよ、インストなのに、こんなにも楽しい!こんなにも盛り上がる!

ウニさんも観音さんも、ステージを所狭しと動き回って、みんなの顔をみてた。
コイチさんのピアノソロは、今日もうっとりするくらいかっこよくて。ステキでした。

ちょうど2年前?
sawagiに出会った時の衝撃は忘れられない。
こんなにも、かっこいいインストバンドを、私は知らないって思った。

ライブに行くたび、私の期待を上回るパフォーマンスで、この日ももちろんそうで。
ステージの照明まるごと、音楽にバッチリあっていて。
おまけに、新曲がシビれるくらいかっこよくて。
今までとは、また違った方向で、観音さんのギターがうなってた。
新しいsawagiサウンドの一片を見た気がした。

本編がおわっての、アンコール。
ニコさん、しゃべりながらちょっと泣きそうになってて。
コイチさんに話ふったら
コイチさん泣いてて。

私も、切なくて。
大好きな大好きなバンドやから、大きくなってほしいけど。
大阪から離れてしまうのは、やっぱりさみしくて。

でも

「sawagiは大阪のバンドです」

といってくれたのです。

そう。
忘れちゃいけない。
どこにいったって、sawagiは大阪のバンドなんです。

ラストは、みーーーんなで笑って、とびはねて最高にピースフルでした。



大阪から全国へ。
はばたいていってほしい!
さみしいけど。
でも、もっとたくさんの人にsawagiの音楽をきいてほしい!


頑張ってください!
私は、ずっと応援します!



なんか、そんなことを心から思うライブでした。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-05-31 21:27 | ライブ☆
いってきました。
cinema staff初ワンマン@梅田Shangrila

1月の列伝ツアーで初めてみて、その時は棒立ちで聞いてたのにw
3か月たったら、ワンマンいってましたw
音楽ってわからないね。

2時間の大ボリュームでやってくれた、大阪ワンマン。
リリースツアーとかでもなかったので
今までの曲を網羅する素晴らしいセトリでした

まだまだ、曲が覚えきれておらず、おまけに長丁場であったゆえに、セトリ覚えてられませんでした。

でも、ほんとーに楽しかった。
MCは、ほとんどなくて、どんどん曲をブチ込んでくる。
シネマのライブ始まる前の、あのハウる音、たまりません。
辻君が文字通り全身でギターひいていて。
圧倒されたよー


途中で、新曲披露のときに、久野君のドラムにアクシデント!
ペダルが外れたよう!
曲を止めてしまい、「ごめんなさーい!」と謝罪。
でも、笑顔がかわいかったので、問題ないです←

飯田くんは、「出てくるときに、フゥ~とか言われると、ぉおおおっしゃぁってなるよねw」と必殺スマイルとともに一言。
ずきゅううん

あと、めちゃイケがおもしろかったぁ~とか言うてたなぁ。w

もう、どの曲も最高にメリハリついてて。
シネマの良さでもある「静」と「動」が、どの曲もとても明確で、曲に吸い込まれたよ。

ラストに
声出すのもつらそうでフラフラな飯田くんが
「俺は、次のライブのこととか考えないで、常に今のこのライブに全力で臨みたいと思ってます。声とかでなくなったていいんだよ。だから、みんなも全力で楽しんで。」
みたいなことを言ってて。

もう、そのストイックさが凄いなぁと思って。
だからこそ、この人の歌は、こんなにも心に響くんだろうなぁと思って。


私は、ほんまにいいバンドを知ることができたよ。

だから、次のワンマンも絶対いくよ。

新曲もすごいよかった。
新しいアルバムが楽しみだな。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-04-12 20:45 | ライブ☆

行ってきました。シャンペソツアー☆
地元のハコ、太陽と虎にて。
対バンはモーサム!

モーサムは、予習不足のため、詳しく、どの曲がどうだとかは言えないのだけれど。
年末のRCでやってた曲とかいっぱいやってくれたのでノれた!
百々さんのかき鳴らす轟音ギターは、小さいハコがよく似合うなぁ。
でも、シャンペソファンからしたら、衝撃だったのか。
ぽかーんとみてる人が圧倒的に多かったね。

まぁ、なんにせよ。
ロッキンルゥゥゥゥラヾ(゚∀゚)ノ゙
は問答無用でアガります。

また、音源を聞きこんでからライブみたいな*


そんで、いよいよ、いつものカウントダウンとともにシャンペ登場!

拾い物セトリ


My Blueberry Morning
Revolution,My friend
She's verry
Underconstruction
Kasabian「Club Foot」
Tic Tac Toe
tokyo2pm36floor
city
Cat2
Rocknrolla!
Don't Fuck With Yohei Kawakami
You're So Sweet & I Love You

en
For Freedom
THE WHO「My Generation」

いや~!やっぱショッパナは「?」ですよね!
この曲の入りのドラムがすごく好きで。
今からシャンペワールドの幕開けだ!って歌ってる。
そんで、「?」から「My Blueberry Morning」への繋ぎは、アルバムそのまま。
サトヤスのドラムが一本のラインになってこの2曲をキレイにつなぐ。
そこにギターがのっかって、ベースがのっかり。
静から動へ劇的に変化するところが最高にクールだと思う。

「Revolution,My friend」では、曲の最後にようぺいんが「One More Time!」って言ってアウトロにうつるクダリがあるんだけど、それを何回もやってくれたw
なので、何回もまーくんが乱れ弾く姿を拝めました。


「Underconstruction」。シャンペソのバラードってほんとかっこいい。
サビでの盛り上げ方とか、ラストにかけての盛り上げ方とかがうまくて。
これでもかって爆音でギターかき鳴らすあたり。
全然飽きがこないのだ。

神戸で初披露やった「Tic Tac Toe」
いやはや、よいよい。
ギターのリフ、やっぱかっくいいなぁw

「tokyo2pm36floor」のサトヤスの手元には目を奪われた。
こっまけぇえええwwww
ほぼずっと動いてましたがな。
ゴーストノートなのかな?とにかく、ずっとスネアがなってるし、小技満載で。
あれは、ドラムに注目してあげるべきだ!

もう、ほかの曲もね、いっぱい楽しかったよ。
「city」でダイバーきて、
これは、後ろで踊ったほうが楽しいぞってなったので。
前を離れ、後ろでモーレツに踊りながら聞いてました。
飛びたかったけど、女の子多すぎて断念しました。

MCは、あんまなかったけど

よ「我々、肉食系バンドなんで、神戸に来て、まず肉を!神戸牛たべました!
 「あ。でも十番って神戸牛?…まぁ、いいや(笑)!

十番いってたのか!まじかよ!!!

あと、転換の時にぼそっと

よ「神戸、ほんと愛してるよ~
客「イエ~~イ」
よ「あ、聞こえちゃった?(笑)

っていうクダリがあって、きゅんとしましたw

自分が暴れすぎて、あまり記憶はないけれど、
一人一人をガッツリ見つめながら歌ってたようぺ。
アンコール前には、「後ろのほうまで見えてるからな!お前ら全員楽しませてやる!」と息巻いてました!
ようぺいんの、このThe 肉食なスタンス好き。

次は、ワンマンかぁ~
昔の曲も聞きたいな
たのしみ、たのしみ♪

あと、カバーしてた曲かっこいい
時代を超えた名曲ってやつですね
また聞いてみよう。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-04-10 10:40 | ライブ☆

卒業か!

学校っていうカテゴリを使うこともなくなるのですね

わたしは関西大学を卒業しました。
そりゃ、もうあっさりと。

こんなもんなんですね。

でも、非常に有意義な4年でした。
学問的な意味で。
小川先生のゼミに入りたくて、この大学に来て、奇跡的に小川先生のゼミで勉強することができた。
音楽っていうものを文化現象としてとらえて、様々な角度から研究するのは、本当に興味深かったし、おもしろかった。

で、2年間の集大成として書いた論文がゼミの優秀論文に選ばれた。
何について書いたかっていうと。
音楽批評について。

私は、音楽という形のないものをいきいきとしたコトバで描くことができるライターさんたちを本当に尊敬している。
でも、だからこそ、いまあるべき音楽批評ってなんなのか、今後どのようにあるべきなのかを問うてみることにした。

なかなか答えはでなかったけど。

やっぱ。
商業主義に負けていては、本当に必要な情報って届けられなくなるよね。
ま。そーゆーことですよ。
ライターさんや編集者が書きたいようにあけることが理想なんですよ。

ベンジーがロキノンにいかったとかいう話もあるけれど。

聞く人はみんな同じじゃない
だから、いいと思う人もいれば、悪いとおもうひとがいる。これは当たり前。
なら、メディアだって同じじゃない?

みたいな答えになりましたwww

よくわからんですよね。


まー、いいんです。
自分的には、いいものが書けたし。

で、やっぱり、いつか
私もコトバで音楽を届けられるような人になりたい。

がんばろう!












話はそれましたが。
マスコミ専攻で学んだこと。
一生忘れない!
メディアに対する見方が大きく変わった。きっと、これからも!




ま。
学部的な卒業はしたけど
サークルはまだです。
本番は
そっちですから。w
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-03-21 23:13 | 凸学校凸

とりあえず残しとこう。

どもです。
この数日、いーろいろありましたね。
世間的にも
私的にも

去る3月3日6日に卒コンをやったんですね。
サークル最後のライブです。

mixiには、元気に書いたけど
やー
やっぱりさ、最後ってなるとこうも緊張するのかっていうくらい緊張してね。

3日には、自分の企画でASPARAGUSのコピバンをさせてもらったの。
大学1回の時に知って、その当時は、まさか自分にできるなんて考えるはずもなく、ただただかっこいいなぁって思いながら聞いてた。
で、ライブに行くようになって、さらに大好きになっていった。
大好きな大好きなバンド、おまけにスリピっていう構成!

この構成を崩したくなくて、しのっぴのギターが弾けるであろう後輩に頼み込んで実現したASPARAGUS。

練習も、合わせるのが難しくて、大変だったけど、3人の呼吸や視線が交差する瞬間がとても気持ち良くて、みんながみんなの音を聞けば聞くほど、演奏はよくなっていった。

本番。めっちゃ緊張したけどね。
最前列で、私以上にアスパラ好きなんちゃうかな?っていう後輩たちがめいっぱい盛り上がってくれて。
笑顔で演奏することができた。

ほんまに楽しかった。

でも、最後の最後に、スティックをぽろっと落としたのです。
もう、頭まっしろ。
急いで、予備のスティックを持ったけど、もう楽しかった感情が絶望しかなくなったw

楽屋に戻る前から涙がとまらなかった。
本当に、悔しくて。
最後の最後に、ちゃんとキめられなかったことが。
ギタボの子は、あんな難しいフレーズを、あんなに練習して頑張ってくれて。
ベースも耳コピ大変やのにがんばってくれて、ウォーキング祭りの曲も完璧で。
アスパラ大好きな後輩たちに申し訳ない
そんな感情が一気にきて、涙がとまらなかった。

でも、泣いてる私を、後輩や同級生が慰めてくれた。
もう、よけい止まらんっちゅーねん!w
あったかい仲間が周りにいることを改めて感じさせられました。


とにかく、やれてよかった^^

6日にはELLEGARDENをやりました。
これは、友人の企画。
なんだかんだで、在学中に4回も叩いたんですよwww
やっぱり、エルレは私にとって特別。
いつだって、私を支えて、私を変えてくれる存在。
最後の最後にやるのがエルレでよかった!

ライブは、最初から最後までノリノリ!
お客さんも演奏するウチらも!
ダイブしてくれた友達もいた!w


私は、4年前ドラムをはじめた。
なんでドラムだったかって、それはたぶん治くんが好きだったからw
あと、エルレの高橋さん見てたら、ドラムってかっこいいんじゃね?とか軽く思ったからw

でも、そんな感じで始めたドラムやったけど
みるみるその魅力に憑りつかれて
もっと、いろんなことを表現したいと思うようになった

でも、やっぱり、私の技術には限界もあってさ。
やりたいことがすべてできたわけじゃなかった。
それでも、私はいつも心がけていたことがある。

楽しむこと。

私が楽しめば、それは必ず伝播する。

最後のライブでも、それは徹底できたかなぁと思う、

私は、これからもドラムをたたくよ?
ずーっとね。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-03-16 21:45 | 日々日記

その時が近づいてくる

ライブ三昧な日々を過ごしております。
前の日記から

・Getting Better
・YOUR SONG IS GOODとCOME BACK MY DAUGHTERS

に行ってきました。
時間があったら、ちゃんと書きたい。
楽しかったです。


ゆーてる間に2月が終わろうとしています。
あっという間。

あたしは
4月から社会人になるわけだけど

そもそも就活をはじめたときは、何が何でも音楽業界にいくんだっていきまいてたはずなのに

就活をはじめて
周りに流されて
不安になって
結局、自分にまけて
一般企業の説明会にいってた

結局、あたしにとって
この業界じゃなきゃだめっていう思いは全然強くなかったんだよね。

ほんと
自分が恥ずかしい。


口でいうのは誰にだってできる。


4月からは働かなくちゃいけません。
お金を稼いで
自分の足で歩いて行かなくちゃいけません。


きっと自由に使える時間なんて
今と比べ物にならないくらい少なくなるのです。


でも、今日ある先輩のmixiの日記をみて
時間がないことを言い訳にしたくないと思ったのです。

なくたって、作ればいいんだ。


生きるために
ライブに触れて

音楽の知識をもっと貪欲に増やそう。

稼いだお金で服を買うよりCDを買おう。


そして
自分の言葉で何かを伝えることを続けよう。



まだ大丈夫。
歩いていけるよ。きっと。
[PR]
# by wakana-ran-remi | 2011-02-23 12:20 | 日々日記